中村トオルのドラマ ラストチャンス 人生の七味唐辛子の意味とは?


スクリーンショット 2018-07-19 13.08.34.png


中村トオル主演のビシネスものドラマです。

銀行の社員で大きな銀行に合併され追い出されるように会社をやめてしまいます。


そこで声がかかったのが再生会社の社長から食品会社を再生して惜しいと言われ、引き受けた。

そこからドラマが始まる。


主演の仲村トオルはミッキー・カーチス演ずる町の占い師から手相を見て、これから始まる人生は七味唐辛子を


かけられたような厳しい道が待っていると言われる。


どんな人生なのでしょうか?



人生の七味唐辛子とは?


うらみ、そねみ、いやみ、ひがみ、ねたみ、やっかみ、つらみ


以上です。


中村トオルの主演のラストチャンスのメインテーマ。


さて、人生の七味唐辛子とは何でしょうか。



1)うらみ   


   人を「うらむ」といいますよね。意味は、他人からの仕打ちを不満に思って憤り恨む気持ち。

   椎名桔平さんらしいけどまだ第一話だけでわからないけど。



2)そねみ


   「そねみ」とは、他人を羨ましく思い、そのぶんだけ憎らしいと思うこと。

   
   中村トオルが転職した先の若い部下。これもまだ意味不明。
  
   


3)いやみ


   おそ松くんで出てきますね。「いやみ」さん。


   その意味は、他の人を不快にさせる言動をいう。あてつけや皮肉。

  
   中村トオルを入社させた社長。まだ第一話なんでこれも意味不明。



4)ひがみ


   「ひがみ」は、ひねくれた心で物事をまげてうけとること。またその心。

    転職先の財務部長で元社長を慕う人。これはわかるな。




5)ねたみ


   「ねたみ」は、羨ましくて相手をにくらしく思う感情。

    水野美紀さん演ずる人だけど第一話でまだ意味不明。



6)つらみ


   「つらみ」は、相手の仕打ちを辛いとおもう気持ち。

   
   ドラマでは長谷川京子さん演じる奥さんのことらしい。



7)やっかみ


   
   相手の成功や優れた点をみてたまらなく嫌な気持ちになりなにかしてやりたいような心境になることを言う。
   



   竜雷太のことらしいですけど。まだ第一話で意味不明です。





この先が楽しみですね。これは、M&Aで有名な江上剛さんの小説が元になっており


本陣は銀行の頭取として出演。


今後が楽しみですね。







  




関連記事

























関連ブログ
テルのブログ
テルの英会話習得法
セレブの生活
テルの資産運用ブログ
テルの副業・アフィリエイトブログ
関連YouTube
おすすめ ブログはオワコン
おすすめ ひろゆき推薦のBABYMETAL
おすすめ KinKi Kids推薦の旨だれ七品紹介
まとめ 手塚治虫で有名なトキワ荘物語
まとめ よしきちゃんを電撃救助! スーパーボランティア 尾畠春夫さん
ヒカキンが飼い始めたネコのスコティッシュフォールドとは?